京都YMCA国際福祉専門学校

介護福祉学科 他者を理解し、支えるための確かな技術を学ぶ。

  • 学科説明
  • カリキュラム
  • 介護実習
  • 目指す資格

介護実習

自分を知り、他者を理解し、配慮を学ぶ
授業で習得した専門知識や技術をふまえて、より実践的な能力を高め他者への気配りのあり方を学ぶために、入所施設や居宅介護支援事業所にて2年間で10週間にわたる現場実習を行います。
自分自身を知り、他者を理解する。
他者を理解して、他者に配慮する。
そのような人間性を育むためにも、時間をかけて学んでいきます。

実習Ⅰ(約6週間)1年次に実施(2週間と4週間の実習を1回ずつ実施)

利用者さんの暮らしや住まいでの日常生活や多様な介護サービス、個別ケア等を、いくつかの施設・事業所での体験・学習を通して理解していくことで、介護福祉士の役割等について学んでいただきます。

実習Ⅱ(約4週間)2年次に実施

それまでに学んできた知識・技術を用いて、利用者さんが抱える課題を理解し、介護計画を作成・実施し、評価をするといった「介護過程の展開」を行うことで、介護福祉士として必要な実践力を身につけていただきます。

本校は実習時だけでなく、その前後の指導をしっかりと行うことで実習が学生にとって充実したものとなるように努めています。

本校の実習先となっている実習施設の種別

【高齢者関係】
特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、老人デイサービスセンター、訪問介護事業所、グループホーム、小規模多機能型居宅介護事業所など
【障害者関係】
重症心身障害児施設、障害者自立支援施設など
【そ の 他】
救護施設
  • 介護福祉学科 昼間2年
  • 社会福祉士科 通信課程
  • 日本語学科 専門課程
  • 京都YMCA国際福祉専門学校 BLOG
  • 実務者研修

イベントカレンダー

« 9月

2017 3月

 

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
一覧を見る
  • 舞鶴YMCA国際福祉専門学校
  • 公益財団法人 京都YMCA
  • 京都YMCA国際福祉専門学校 紹介ページへ

入学に関するお問い合わせはこちらから