京都YMCA国際福祉専門学校
介護福祉学科に関する情報公開

学校関係者評価委員会について


京都YMCA国際福祉専門学校 教育課程編成委員会 規程

(趣旨)
第1条 この規程は、教育課程の編成に関わる意見交換を行うため、京都YMCA国際福祉専門学校に置かれる教育課程編成委員会(以下「委員会」という)について必要な事項を定める

(委員会の業務)
第2条 委員会は、教育課程の編成のために必要な意見交換をし、カリキュラム、シラバスの作成に資する事を業とする

(委員)
第3条 委員会は、次の各号に掲げる委員5名以上をもって組織する
(1)   校長
(2) 副校長
(3) 介護福祉科主任教員
(4) 卒業生
(5) 業界関係者
(6) 校長が必要と認めた者
前項第6号に当該学校の教職員を含めることはできない
前項第4号と第5号は兼ねる事が出来る
前項第4号にあたる者が教職員の場合、第4号委員となることができる


(委員の委嘱)
第4条 委員の委嘱は校長が行ない理事会に報告す

第5条 委員長は委員の互選により選出するが校長は、委員長に選出できない
委員長は、委員会を招集し、その議長となる

(報償等)
第6条 委員には報償費、交通費に類するものは支給しない

(委員の任期)
第7条 第3条1項(1)および(2)を除き、委員の任期は1年とする
2 委員は再任されることができる
3 委員は任期満了後でも後任の委員が選任されるまでその職務を行う

(定足数)
第8条 委員会は、委員の過半数の出席によって成立する。

(委員以外の出席)
第9条 委員会が必要と認めたときは、委員以外の者に出席を求めることができる

(守秘義務)
第10条 委員は職務上知り得た個人情報を任期中はもとより任期後も漏らしてはならない

(規程の改廃)
第11条 この規程の改廃は、理事会において行う




この規程は、2015年 4月 1日から施行し、同日から適用する


会議記録




情報公開のtopページに戻る

京都YMCA国際福祉専門学校のトップページに戻る