京都YMCA国際福祉専門学校
介護福祉学科に関する情報公開

教育課程編成員会について




京都YMCA学園 教育課程編成員会規定

(目的)
第1条        この規則は学校法人京都YMCA学園 京都YMCA国際福祉専門学校が実践的かつ専門的な職業教育を実施するために、企業などとの連携を通じて必要な情報の把握・分析を行い、教育課程の編成(授業科目の開設や授業内容・方法の改善・工夫等を含む。以下同じ。)に活かすことを目的に設置する教育課程編成委員会(以下「委員会」という。)に関して必要な事項を定める。

(所轄事項)
第2条               委員会は、次の各号に掲げる事項を審議する。
(1) 業界における人材の専門性等の動向
(2)国または地域の産業振興の方向性
(3) 実務に必要な最新の知識・技術・技能
(4) その他、教育課程の編成に関する事項

(委員)
第3条               委員会の委員は学校長(教頭・学科長)および学校長が指名する教職員の他、専攻分野に関する企業の役職員から広く選任するものとし、少なくとも以下の①または②から1名、③から1名を委員に加えることとする。
  業界全体の動向や地域の産業振興に関する知見を有する業界団体、職能団体、地方公共団体の役職員。
  専攻分野に関する学会や学術機関などの有識者。
   実務に関する知識、技術、技能について知見を有する企業や関係施設の役職員。
2.委員の任期は3年とする。ただし再任は妨げない。
3.補欠の委員の任期は前任者の残任期間とする。

(委員長等)
第4条               委員会の委員長は学校長とし、委員会の会務を総理する。
第5条               2.委員長に事故ある時、また欠けた時は、あらかじめ委員長が指名する委員がその職務を代理する。

(報酬)
第6条               委員会出席に当たり報酬は原則として無償とする。ただし出席に係る子映費については別に定める。

(会議)
第7条               委員会の会議は委員長が招集する。
2.委員会の会議は、委員の総数の過半数の出席を持って成立する。
3.委員長の議事は出席した委員の過半数をもって行う。


附則

この規則は平成2741日から施行する。


委員会記録(2016年3月18日)

委員会記録(2016年9月9日)



情報公開のtopページに戻る

京都YMCA国際福祉専門学校のトップページに戻る